about sonraku

 sonrakuは、2012年に岡山県で生まれ、2018年10月より7期目を迎えています。

■ミッション

 明治以降、そのあとの1940年頃から戦後にかけて、現在につながる社会の基盤ができました。その後、昭和・平成時代にバージョンアップを激しく行い続け、しかし現在終息を迎えつつあるのが成長型社会というOS(オペレーションシステム)です。これを、持続型社会という新しいOSにローカルレベルからしっかりと更新していくことがわたしたちのミッションです。人口減、世界の中の日本の位置付けなど、すべての前提が成長型社会時代から変化してしまったいま、改めて社会OSをつくっていきましょう。

■対象とするエリア、分野

 私たちが対象とするエリアは、岡山、香川、兵庫の瀬戸内エリアを中心に、関西から九州までの西日本をメインとしています。一方、代表の井筒は大学が北海道、出身は愛知ですからこれらの地域にも貢献したいと考えています。分野としては、森林・バイオマスにおける調査や事業コーディネート、ローカルのスタートアップ創造、インフラ事業を運営するというような依頼にも向き合います。新電力や再エネ発電事業についても、2019年には参入予定です。

ヘッディング 1

会社名

本店所在地

代表者

事業内容

従業員数(グループ)

資本金

沿革

株式会社 sonraku/ sonraku Inc.

岡山県英田郡西粟倉村影石2050

井筒耕平 / IZUTSU Kohei

コンサルティング事業・バイオマス事業・宿泊事業

22人(役員含む・2019年 1 月時点)

100万円

2012 年 村楽エナジー株式会社設立

2014 年 西粟倉村へ本店移転しバイオマス事業開始

2015 年 あわくら温泉 元湯オープン

2017 年 mamma オープン

2018 年 株式会社 sonraku へ名称変更

井筒耕平
代表取締役/ 博士(環境学)
 
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Tumblrの社会のアイコン
  • Instagram Social Icon

1975年生まれ。愛知県出身。環境エネルギー政策研究所、備前グリーンエネルギー(株)、美作市地域おこし協力隊を経て、2012年(株)sonraku(旧村楽エナジー)代表取締役就任。博士(環境学)。
「地域の自立に向け、火を起こす存在となり、暮らしに寄りそった湯けむりのように。」をコアバリューとして、宿泊施設を中心とした地域の再生を手がける。主に、岡山県西粟倉村で「あわくら温泉元湯」とバイオマス事業、香川県豊島で「mamma」を運営しながら、再エネ、地方創生、人材育成などの分野で企画やコンサルティングを行う。共著に「エネルギーの世界を変える。22人の仕事(学芸出版社)」「持続可能な生き方をデザインしよう(明石書店)」などがある。